社会福祉法人江戸川菜の花の会オフィシャルホームページ

文字サイズ変更

江戸川菜の花の会 トップ > 江戸川菜の花の会について > 私たちが目指すもの

江戸川菜の花の会について

私たちが目指すもの

住み慣れた地域社会で共に生きる

我々の法人の拠って立つ原点とは「この子らと共に生きる」ことであり、知的障がい者福祉の先達である糸賀一雄氏の今日に至るも輝きを放っている「この子らを世の光に!」という言葉に尽きます。
障がい者一人ひとりが基本的人権を享有する個人として尊重され、あらゆる場面で、一人ひとりが光り輝く存在であることを支援の基本にしています。
この理念のもとで、知的障がいがある人たちの福祉として特定相談事業にはじまり、日中活動の就労支援や生活介護、また移動支援などの事業他、共同生活支援のためのグループホームなど充実してまいります。

「親亡きあと……」を悩むことなく安心して暮らせる為に

あらゆる障がい者福祉に通底する命題である「親亡きあと……」を解決できるような事業展開を、住み慣れた地域のなかで困難なく実現することが、社会的合意になるよう努力していきます。

積極的に課題に取り組む姿勢

新しい事業展開には「やれない理由」より「やれる理由」を見つけよう。
STEP BY STEP,BUT STEADY! 一歩ずつしかも着実に!これがわが法人の合言葉です。

江戸川菜の花の会について


トップへ