社会福祉法人江戸川菜の花の会オフィシャルホームページ

文字サイズ変更

江戸川菜の花の会 トップ > 江戸川菜の花の会について > 私たちが目指すもの

江戸川菜の花の会について

私たちが目指すもの

住み慣れた地域社会で共に生きる

私たちの法人の拠って立つ原点は「この子らと共に生きる」ことです。
そして、そのことは、知的障害福祉の先達である糸賀一雄氏の今日に至るも輝きを放っている「この子らを世の光に!」という言葉に尽きます。
障害のある人一人ひとりが基本的人権を享有する個人として尊重され、あらゆる場面で、一人ひとりが光り輝く存在であることを支援の基本にしています。
この理念のもとで、知的障害のある人たちの福祉として、相談事業にはじまり、日中活動としての就労支援や生活介護、移動支援等の事業、そして、共同生活支援事業としてのグループホーム等の事業を進めてきました。

今後は、利用者及び家族の高齢化及び家庭の状況の複雑化等に対応できるようきめ細かな事業展開を図っていきます。一つひとつの事業所を「地域」と考え、江戸川区及び関係各方面と連携し、協力を得て、利用者が安心して生活できるよう努力していきます。

「福祉は人」と言われます。
法人の利用者、家族の皆さん、そして地域の多くの人たちから信頼を得られるよう私たち法人職員一同力を尽くしていきます。

江戸川菜の花の会について


トップへ