社会福祉法人江戸川菜の花の会オフィシャルホームページ

文字サイズ変更

江戸川菜の花の会 トップ > 菜の花の会について > 法人概要・沿革・組織図

菜の花の会について

法人概要

名称 社会福祉法人江戸川菜の花の会
理事長 加藤 智惠子
所在地 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西2-7-2
連絡先 tel. 03-3680-2464 fax. 03-6231-5227
設立 平成14年12月13日
事業 第2種社会福祉事業
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援B型
  • 生活介護
  • 共同生活援助
  • 居宅介護
  • 特定相談支援
  • 障害児相談支援
  • 移動支援
  • 地域活動支援センターⅡ型
定款 定款(平成29年6月)
本部外観

交通アクセス

東京メトロ東西線「葛西駅」より
  • 徒歩20分
  • 都営バス「錦25系統」又は「平23系統」で「新川橋」下車1分
都営新宿線「船堀駅」より
  • 都営バス「錦25系統」で「新川橋」下車1分

沿革

平成14年12月 法人認可と同時に無認可施設であった小規模作業所「菜の花作業所」が、法内の小規模授産施設として事業開始。
平成16年7月 居宅介護等のサービス事業所として「菜の花介護センター」開所。
平成17年4月 「菜の花グループホーム」開所。
平成18年10月 障がい者自立支援法施行と同時に、居宅介護、移動支援事業所として「菜の花介護センタ―」が新法へ移行。「菜の花グループホーム」は共同生活援護、共同生活援助事業所として移行。名称も「菜の花グループホーム・ケアホーム」へ変更。
平成19年1月 「菜の花作業所」が就労継続支援B型事業所として移行。
平成20年4月 江戸川区内の知的障がい者の支援を主とする団体、施設の「NPO法人 手をつなぐ江戸川」「小岩父母の会」「グリーンキャップ作業所」が新たに法人の下一本化する。
法人運営により、就労継続支援B型事業所「江戸川かもめ第一事業所」「江戸川かもめ第二事業所」「すみれ福祉作業所」就労継続支援B型・就労移行事業所「江戸川かもめ第三事業所」地域活動支援センターⅢ型「グリーンキャップ作業所」が、それぞれ移行する。
平成22年4月 「菜の花作業所」「グリーンキャップ作業所」が統合し、「菜の花作業所」となる。
平成24年1月 生活介護事業所「とらいあんぐる」開所。
平成24年4月 就労継続支援B型事業所「江戸川区立福祉作業所」の指定管理運営開始。
「江戸川かもめ第三事業所」から船堀にある施設が独立し、就労継続支援B型事業所「るーぷ」として事業を開始する。
「とらいあんぐる」に地域活動支援センターⅡ型併設。
平成25年11月 特定相談「まある相談支援事業所」開所。
平成26年4月 「菜の花グループホーム・ケアホーム」は、法律改正により名称を「あるめりあ」に変更。
平成27年1月 「まある相談支援事業所」の事業拡大として、障害児相談支援事業開始。
平成27年10月 『ライフセンタ―葛西』が9月に竣工し、同センター内で「あるめりあ」のユニット「あるめりあ2」「あるめりあ3」が開所。これにより「あるめりあ」の定員は男性7名、女性11名(男女1名ずつの体験枠含む)合計18名のグループホームとなる。同時に「菜の花介護センター」「まある相談支援事業所」が同センター内に移転する。
平成28年1月 法人の新たな拠点となる法人本部ビルが完成。2階に事務局、3階に研修・会議室が設けられる。
平成28年5月 法人本部ビル1階に「江戸川かもめ第三事業所」分室として就労継続支援B型事業の珈琲焙煎「HiwaHiwa(ヒヴァヒヴァ)」が開所。
「江戸川かもめ第三事業所」の従たる事業所であった「篠崎」が独立し「さざんくろす篠崎」として事業を開始。

組織図

社会福祉法人江戸川菜の花の会 組織図

【任期 平成29年6月14日 ~ 平成31年定時評議員会迄】役員・評議員

≪理事6名 監事2名≫

加藤 智惠子 理事長
山口 勇 副理事長(業務執行理事)
茂木 秀光 常務理事(事務局長・業務執行理事)
岡部 知子 理 事
上田 庸司 理 事
佐藤 明美 理 事
大沼 幸夫 監 事
松本 浩一 監 事
 

≪評議員7名≫

福岡 徹 評議員
中島 敏夫 評議員
星谷 徹 評議員
大西 純子 評議員
髙津 民雄 評議員
山岡 弘子 評議員
齋木 博 評議員

江戸川菜の花の会について


トップへ